カードローン 限度額 消費者金融

消費者金融カードローンの限度額について

カードローンには、主に銀行系カードローンと消費者金融系カードローンとがあります。

 

最近では消費者金融系カードローンのなかにも銀行の傘下に入って営業している業者もあるため、両者の明確な境界はぼやけてきていますが、代表的な消費者金融系カードローン業者として挙げられるのがアコムやプロミス、ノーローンです。

 

消費者金融系カードローンは、銀行系カードローンと比較して限度額が低くなっている傾向があります。

 

例として、消費者金融系カードローン業者のプロミスと、銀行系カードローン業者のオリックスVIPローンカードの限度額を比較すると、プロミスの限度額が300万円までであるのに対し、オリックスVIPローンカードの限度額は800万円までと大きく差があるのです。

 

ただ、個人で800万円まで借りるということはほとんどないため、プロミスの限度額でも十分といえるでしょう。

 

しかしながら、自営業の方の場合はそうもいきません。

 

自営業の方の場合、会社の操業資金として数百万円という大金が必要になることもありますので、銀行系のカードローンでなければならないということもあるはずです。

 

したがって、まずは借りたお金を何に使うかを考え、その後にどのカードローンを利用するかを検討することをおすすめします。

 

消費者金融系カードローンのデメリット

消費者金融系カードローンには、銀行系カードローンと比べて金利が若干高めに設定されているというデメリットがあります。

 

審査は比較的通りやすくはありますが、金利重視の方はまず銀行系カードローンの審査に申し込んだほうが良いかもしれません。