カードローン 審査 甘い

カードローンの審査 Q&A

カードローン

カードローンの審査は甘いってホント?

カードローンの審査は、基本的に甘いと言われています。

 

もちろんすべてのカードローンの審査が甘いということではありませんが、住宅ローンやマイカーローン、教育ローンといった目的ローンと比較すると審査は甘いといえるでしょう。

 

住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどの目的ローンを組む場合、使用を証明する書類が必要になったり、保証人を立てなければならなかったりします。

 

カードローンには使用目的が制限されていないため、使用を証明する書類を用意する必要はありません。

 

また、保証人を立てる必要もないのです。

 

カードローンを契約する際に必要なのは、自分の身分を証明する書類と、収入があることを証明する書類のみです。

 

自分の身分を証明する書類として準備しておくものは、運転免許証や健康保険証、パスポートなどいずれかひとつ、収入があることを証明する書類として準備しておくものは、会社から発行される源泉徴収票や給与証明書、場合によってはボーナス明細書も必要となります。

 

ちなみに、会社に属していない、つまり個人で開業している方の場合は給与証明書がありませんので、確定申告のコピーを用紙しなければなりません。

 

また、カードローンによっては簡易的な事業計画書の提出を求めているところもあります。

 

カードローンの審査が甘いからといって、申込者全員が契約まで進めるということではありません。

 

各カードローン業者の融資条件をチェックし、自分が当てはまっているか確認しておきましょう。