カードローン 教育ローン

カードローンと教育ローンの違いを比較

カードローン

カードローンと教育ローンには、いったいどのような違いがあるのでしょうか。

 

カードローンと教育ローンの違いをしっかり理解し、用途に合った使い方をしてください。

 

教育ローンとは?

教育ローンとは、子供の教育を目的としたローンのことです。

 

教育ローンは銀行などの金融機関、及び国がサービス展開しています。

 

国の教育ローンは、教育一般貸付、郵貯貸付、年金教育貸付の3種類があり、すべて子供の教育のためのローンとなっていますので、子供の教育以外に使用することはできません。

 

カードローンと教育ローンの違い

カードローンと教育ローンの最たる違いは、使用目的です。

 

カードローンの使用目的には制限がなく、好きなもの好きなことに使用することができます。

 

一方の教育ローンはといえば、前述したように子供の教育費以外に使用することができません。

 

ちなみに、カードローンを子供の教育費に充てることも可能です。

 

また、カードローンと教育ローンには、金利の違いもあります。

 

現在、カードローンの金利は低くなりつつありますが、それでも教育ローンと比較すると金利は高いほうです。

 

つまり、子供の教育目的で使用するのであれば、教育ローンのほうが有利な条件で利用できるといえるでしょう。

 

ただし、カードローンを申し込む場合は身分証明書と収入証明書のみが必要となりますが、教育ローンを申込む場合は無分証明書と収入証明書にプラスして入学金や学費納付金など使用用途を確認できる書類も提出しなければなりません。