銀行 カードローン

銀行のカードローンとは

銀行のカードローンとは、その名のとおり銀行が販売しているカードローンのことを指します。

 

銀行系カードローンと呼ぶこともありますので、覚えておきましょう。

 

ここでは、銀行のカードローンにおける特徴を見ていきたいと思います。

 

低金利を実現

銀行のカードローン最大の特徴といえば、やはり低金利を実現しているという点ではないでしょうか。

 

最近では低金利を実現している信販系も続々と登場していますが、それでもカードローン業界全般を見渡せば、銀行のカードローンのほうが金利が低いといえるでしょう。

 

ちなみに、信販系カードローンの金利と比べると、銀行のカードローンの金利のほうが数%以上金利が低くなっているケースも見られます。

 

限度額が高い

銀行のカードローンは限度額が高いという点も、ひとつの特徴となっています。

 

個人でカードローンを利用する場合は限度額が低くても問題ないかもしれませんが、個人事業主や会社経営者など、まとまった金額が必要な方の場合は限度額が高い銀行のカードローンのほうが使いやすいかもしれません。

 

審査に通りにくい

銀行のカードローンを利用するためには、もちろん審査を受けなければなりませんが、信販系カードローンの審査と比べると銀行のカードローンの審査は通りにくいとされています。

 

また、審査が厳しい分、結果の連絡があるまで時間がかかってしまうこともあるようです。

 

急ぎでお金を借りたい場合は、審査時間を先に確認しておいたほうが良いでしょう。