カードローン 学費ローン

学費ローンとカードローンの違いを比較

学費ローンとは、その名の通り学費に使用する目的で販売されているローンのことです。

 

学費ローンには、国が提供しているローンと金融機関が販売しているローンの2種類があります。

 

ここでは国が提供している学費ローンについて見てみましょう。

 

国が提供している学費ローン

教育一般貸付

教育一般貸付は国民生活金融公庫が提供している学費ローンのひとつで、対象の学校に通学している保護者であれば基本的にどなたでも利用することができます。

 

ただし、サラリーマンなどの給与所得者の場合は年収が990万円以下、自営業など事業を営んでいる方の場合は年収が770万円以下という条件付きです。

 

また、借りることができる金額は、学生ひとりにつき200万円までとなっています。

 

郵貯教育貸付

郵貯教育貸付は、郵便局に教育積立郵便貯金をしている方のみが利用できる学費ローンです。

 

教育一般貸付と同じように借りることができる金額は学生ひとりにつき200万円までとなっていますが、世帯の年収に関係なく利用できるという点が大きな特徴といえるでしょう。

 

年金教育貸付

年金教育貸付は、年金に加入している方が利用できる学費ローンです。

 

国民年金に加入している方の場合は学生ひとりにつき50万円まで、厚生年金に加入している方の場合は学生ひとりにつき100万円まで借りることができます。

 

ただし、国民年金を10年以上納付、もしくは厚生年金に10年以上加入していることが条件です。

 

 

これらの学費ローンにカードローンを充てることも可能ですが、学費ローンのほうが金利が低いため、学費目的であれば学費ローンを利用したほうが良いでしょう。