カードローン クレジットカード 違い

カードローンとクレジットカードの違いについて

カードローンとクレジットカードには、大きな違いがあります。

 

以下でカードローンとクレジットカードの違いについて具体的に検証していますので、参考にしてください。

 

使用状況の違い

カードローンとクレジットカードの大きな違いとして真っ先に挙げられるのが、買い物できるかできないか、ということです。

 

カードローンを契約すると、業者から専用のキャッシングカードが発行されます。

 

このキャッシングカードはあくまで借り入れや返済のために使用するカードであり、お買い物時にお店のレジでカードローンのキャッシングカードを出しても精算することはできません。

 

一方、クレジットカードはお買い物時にレジで使用することとなります。

 

カードローンのキャッシングカードのように現金を引き出すことはできませんが、現金を持たずにお買い物できるという利便性が特徴です。

 

借入可能額の違い

一般的なクレジットカードの場合、借入可能額は50万円から100万円程度となっています。

 

一方、一般的なカードローンの借入可能額は300万円から500万円となっており、まとまったお金が必要なときにはカードローンを利用したほうが良いでしょう。

 

返済方法の違い

クレジットカードでお買い物した場合、翌日に使った分を返済することになります。

 

最近では返済方法を選択できるクレジットカードも増えてきていますが、基本的には使った分だけ返済する形式になるようです。

 

カードローンの返済の場合、基本的にリボルビング払いとなっています。

 

つまり、毎月一定額を返済していく形式になりますので、毎月の負担はカードローンのほうが軽いと考えて良いでしょう。